陰部 黒ずみ ピンク

MENU

【決定版】陰部の黒ずみをピンクにするために知っておくといい全知識

このページでは陰部の黒ずみをピンクにする方法について詳しく書いています。

 

 

陰部の黒ずみをピンクにする方法をお探しの方
陰部の黒ずみの原因は何で、ピンクにするにはどうすればいいの?

 

という方の参考になれば幸いです。

 

 

陰部の黒ずみの原因は刺激によるメラニン色素の生成にあり

まず、陰部の黒ずみの原因からお話しますと、刺激によってメラニン色素というものが生成されてしまうことが原因です。

 

 

メラニン色素というのは、日焼けのときなどにできる黒い色素のことです。日焼けの場合は肌が紫外線の刺激を受けることで、皮膚を守るためにメラニン色素を生成し、肌を黒くしています。

 

実はこの反応は、紫外線以外の肌への刺激でも起こります。特に陰部は刺激に対して敏感な部位なので、陰部の脱毛時の刺激や、陰部の乾燥時の下着の擦れ、などでもメラニン生成を誘発してしまうのです。

 

ですから、陰部の黒ずみをピンクにするためには、まず黒ずみの原因である「刺激」に気を付けたり、陰部を十分に保湿し、乾燥から守る必要があります

 

陰部の黒ずみをピンクにする方法の一覧と比較

陰部の黒ずみの原因であるメラニン生成を防ぎ、黒ずみをピンクにしていくための方法は主に下記のものがあります。それぞれ特徴の比較も記載しました。

 

黒ずみをピンクにする方法 効果の速さ 値段の安さ 手間の掛からなさ
レーザー治療 × ×
陰部用黒ずみクリーム
ジャムウソープ
シルクの下着

 

まず、レーザー治療ですが、これは病院で陰部にレーザーを当ててもらい、メラニン色素を除去し、ピンクにする方法です。一番早く効果が出るものの、値段が10万円前後しますし、保険も効きません。全額自己負担になるので、最終手段と考えたほうがいいです。

 

おすすめなのは陰部用黒ずみクリームを使う方法で、この方法だと黒ずみの原因のメラニン生成を抑えながら、肌が入れ替わる1~2ヶ月ごとにメラニン色素の量を減らして、陰部をピンクにしていくことができます。手間も毎日陰部にクリームを塗るだけなので1分も掛かりませんので、かなり手入れが楽です。

 

ジャムウソープというのはインドネシアのハーブを利用した石鹸のことで、陰部のニオイ対策には有効な方法です。ただ、メラニン生成を抑えるような成分が入っているわけではないので、黒ずみに対する効果はイマイチです。

 

シルクの下着、というのは、陰部の肌が擦れることでメラニン生成ができている人向けの方法で、綿や麻などの素材と比べて肌に一番優しい素材なので、メラニン生成の原因となる刺激を最小限に抑えられるのが特徴です。ただこれも、刺激を抑えることはできるものの、メラニン生成そのものを抑える美白成分等を肌に塗るわけではないため、陰部をピンク色にするにはかなりの時間を要します。

 

以上の主な方法を比べてみると、陰部用黒ずみクリームを使うことが一番効果や費用、手間のバランスが取れていることがわかります。それを踏まえて、陰部用黒ずみクリームの中でも特に評判の良いものをランキング形式でご紹介します。

 

 

陰部の黒ずみをピンクにするクリームランキング

 

陰部の黒ずみをピンクにするクリーム1位 イビサクリームの特徴

イビサクリームの特徴は、

 

・陰部の黒ずみをピンクにするために使っている人の数が多く、良い口コミが圧倒的に多い
・厚生労働省認可の医薬部外品として「美白・消炎(炎症を抑える)」の効果効能が認められている
・薬用成分はメラニン生成を抑える安全な美白成分のトラネキサム酸と、肌荒れを防止しお肌を整えるグリチルリチン酸2Kの2つを配合
・さらに、メラニン生成を抑える4種類の植物成分と、8つの保湿成分を配合
・陰部などの敏感部位や敏感肌の人でも使えるよう、合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンの5つがすべて無添加
・品質・安全第1の国内工場で製造
・陰部の黒ずみをピンクにするクリーム売上、満足度、人気度1位

 

といった感じです。

価格 7000円
評価 評価5
備考 定期コースだと30%オフの4970円で送料無料。

定期コースは2回(2ヶ月間)以上の継続が条件だが28日間の返金保証あり

陰部の黒ずみをピンクにするクリーム1位 イビサクリームの総評

陰部の黒ずみをピンクにするクリームの中で、使用者が圧倒的に多く、口コミの評価が特に高いのがイビサクリームです。

 

「陰部に使ったけど、しっかり肌が保湿されるのにベタつかない」
「脱毛後に目立ってしまった陰部の黒ずみが2ヶ月で目立たなくなった」

 

など、効果の高さを評価する口コミと、敏感部位に使っても使い心地がよく安全性が高いことに対する評判がとても多いです。

 

ブラジリアンワックスを使った脱毛サロンを運営している会社が開発した商品だけあり、脱毛後の陰部の黒ずみに悩む女性の生の声を拾って商品に反映できたことが、これだけの高評価の口コミを得ている理由と言えます。

 

陰部の黒ずみをピンクにするクリームでは、人気、実力共にナンバーワンの商品といえます。

 

 

陰部の黒ずみをピンクにするクリーム2位 ハーバルラビットの特徴

ハーバルラビットの特徴は、

 

・タレントやモデルが多く陰部の黒ずみをピンクにするクリームとして使用し、インスタ等で口コミが広がっている
・ハーブとして使っている自然精油の野ばらの香りの評判がとても高い
・厚生労働省認可の医薬部外品として「肌荒れ、メラニン生成の抑制」の効果効能が認められている
・薬用成分はメラニン色素沈着抑制作用のある水溶性プラセンタエキスと、肌荒れを防止しお肌を整えるグリチルリチン酸2Kの2つを配合
・4種類の美白成分と、4種類の潤い成分を配合
・石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコール、紫外線吸収剤の5つの刺激剤が無添加
・ISOマーク取得の国内工場で製造

 

といった感じです。

価格 7000円
評価 評価4
備考 定期コースだと32%オフの4750円で送料無料。

定期コースは2回(2ヶ月間)以上の継続が条件だが60日間の返金保証あり。

陰部の黒ずみをピンクにするクリーム2位 ハーバルラビットの総評

ハーバルラビットは、モデルやタレントの方が多く使用し、インスタグラムなどで口コミが広がっている陰部の黒ずみをピンクにするクリームです。

 

「長年悩んでいた陰部の黒ずみが、ハーバルラビットを使ってから薄くなった」
「野ばらの香りが使っていて癒される~♪」

 

など、効果に対する実感を感じている方の口コミと、合成香料ではない、自然の精油から配合された野ばらの香りが好き、という口コミが特に多いです。

 

ただ、イビサクリームと比べると、肝斑等のシミにも改善効果が認められることで実績のある薬効成分トラネキサム酸が使用されていないことなど、配合成分に物足りなさがあります。

 

とは言え、すごく香りもよく、口コミも多いので、信頼して使うことのできる陰部の黒ずみをピンクにするクリームです。

 

陰部の黒ずみをピンクにするクリーム3位 ヴィエルホワイトの特徴

ヴィエルホワイトの特徴は、

 

・口コミの数はイビサクリームやハーバルラビットほど多くないが、美容液タイプなので肌への浸透が良いという評判がよく見られる
・厚生労働省認可の医薬部外品として「美白・消炎(炎症を抑える)」の効果効能が認められている
・薬用成分はメラニン生成を抑える安全な美白成分のトラネキサム酸と、肌荒れを防止しお肌を整えるグリチルリチン酸2Kの2つを配合
・美容液タイプで、リポソーム化という成分の分子の粒を細かくする処理をしているので肌への成分の浸透がしやすい
・着色料、紫外線吸収剤、動物性原料、シリコン、パラベンが無添加
・国内工場で製造

 

といった感じです。

価格 9960円
評価 評価3
備考 定期コースだと初回980円、2回目以降は53%オフの4770円で送料無料。

定期コースは5回(5ヶ月間)以上の継続が条件だが120日間の返金保証あり。

陰部の黒ずみをピンクにするクリーム3位 ヴィエルホワイトの総評

他の陰部の黒ずみをピンクにするクリームよりも肌への成分浸透がよいという口コミが多くあるのがヴィエルホワイトです。

 

「今まで他の商品を試しても治らなかった陰部の黒ずみが改善した」
「肌へスーッと馴染む感じが化粧品の乳液みたいで心地良い」

 

など、効果の高さに関する口コミと、肌なじみの良さに関する評判が特に目立ちました。

 

他の陰部の黒ずみをピンクにするクリームと異なり、製造コストの高い美容液タイプを採用し、さらに、リポソーム化という成分分子を細かくする処理を行っているので、薬用成分の浸透がよいのがヴィエルホワイトの特徴です。

 

ただ、その分コストが高くなっていて、イビサクリームとハーバルラビットが定価7000円のところ、ハーバルラビットは9960円と1万円近い値段になっています。

 

定期コースにすれば、値段はイビサクリームやハーバルラビットとほとんど変わらなくなりますが、継続期間が他の2つが最低2ヶ月でよいのに対し、ヴィエルホワイトは最低5ヶ月と長いので、他の陰部の黒ずみをピンクにするクリームを使って効果がなかった人が、長期戦を視野に入れて使うのに適した商品と言えます。

 

 

私が一番おすすめな陰部の黒ずみをピンクにするクリームは1位のイビサクリーム!

 

ここまで、陰部の黒ずみをピンクにするクリームを3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、やっぱり1位のイビサクリームです。

 

 

使っている人も良い口コミの数も圧倒的に多いので、安心して使うことができます。

 

特に、安全で実績のある美白成分のトラネキサム酸と、肌荒れを防止するグリチルリチン酸2Kの2つをしっかり配合している医薬部外品であることと、クリームなのに、ベタつかずに肌に馴染み、しっかり保湿されるという付け心地の良さは最大の魅力です。

 

陰部の黒ずみをピンクにするクリームは、肌の弱い部位に使うものなので、しっかり保湿をして、肌荒れにも配慮した商品でないと、肌トラブルの原因になります。

 

日頃から女性の肌の悩みに触れる機会の多い、脱毛サロンが開発した黒ずみクリームだからこそ、安全性の高い安心感のある商品に仕上げることができたと言えるでしょう。

 

また、定期コースの縛りがほとんどないのもイビサクリームの魅力です。

 

一般的に定期コースにすると、価格が安くなる代わりに、長い間継続しなければならない縛りが発生するのですが、イビサクリームの最低継続期間は2ヶ月だけです。

 

さらに定期コースには28日間の返金保証まであるので、とりあえず定期コースで申し込んで、万が一肌に合わなくても返品して返送の送料負担だけで試す、ということができるのです。

 

陰部の黒ずみに対する口コミでの評判、配合成分、価格、定期コースの条件や続けやすさなどをトータルで考えるなら、イビサクリームがダントツの1位です!